鉄道ソリューション

鉄道ソリューション イメージ

安全で快適な駅の利便性向上を確かなソフトウェア技術で支える。

1967年、世界初となる「自動改札機・券売機」を阪急・北千里駅に導入して以来、様々な技術革新を重ね、より安全で快適な日本の鉄道・駅を支え続けているオムロングループ。

今ではすっかり当たり前になった、「朝夕のラッシュ時にもスムーズな通過を可能にする自動改札機」、「発券処理や予約処理をスピーディーに行う券売機」、「多種多様、複雑な乗り越しケースに対応する自動精算機」。毎日、駅で活躍するオムロンの駅務機器システムの中で、私たちのソフトウェア技術が活躍しています。

これからも、駅利用者の利便性向上と、駅運営業務の効率化を目指し、ソフトウェア技術で貢献していきます。

利用者の利便性向上と駅運営業務の効率化を支えるソフトウェア技術

多くの路線が複雑に絡み合い、無数にある乗車経路を高速処理する運賃判定システム。人の動きやきっぷ・ICカードの状態を瞬時に判断し、旅客がスムーズに通過できる自動改札機。外国人旅行客をはじめとした多種多様なニーズに応える券売機。駅の様々な業務をサポートする窓口処理端末や駅運営支援システム。

これらのシステムを毎日正確に稼働させ続ける信頼性の高いソフトウェア技術を開発し、提供しています。また、サービス品質向上のための専門チームによる綿密なシステム検証体制など、高いソフトウェア技術と開発ノウハウを駆使し、安心で快適な駅運営業務を支えています。

駅改札イメージ

高度なソフトウェア技術で駅のソリューションを実現

  • 自動改札機・券売機・精算機などによる駅務機器システム
  • 駅窓口の複雑な業務を効率化し、駅係員様をサポートする窓口処理端末
  • 交通系ICカードの全国相互利用システム
  • 駅や本社の後方業務を支援する駅運営支援システムの構築
    データ集計機、収入管理サーバ、運用管理システム、各種情報案内システム
  • 駅の安全管理を担う遠隔監視システム
  • 改札通過配信情報システムやQRコードによる駅利用システム
駅改札イメージ

FUTURE EYES

駅は、毎日多くの人が行き交う鉄道の乗降口であると同時に、人と沿線の街をつなぐ玄関口でもあります。今後、AIやIoTの技術革新により、駅と沿線の街には、多くの人とともに様々な価値あるデータが集まり、今までにない新しい価値を生み出す可能性が秘められています。

私たちは魅力あふれる駅の実現を目指し、これまで培ってきた駅務システム技術を活用し、人々がさらに安心・安全・快適に過ごせる駅づくりをソフトウェアで支え続けます。