モバイルソリューション

モバイルソリューション イメージ

独自の言語処理技術を活用し、
快適なコミュニケーション社会を創る。

近年、SNSやメールなど、スマートフォンやタブレットでの文字を介したコミュニケーションは、私たちの生活に欠かせないものになってきました。この文字入力機能として、通信市場から高い評価を受け、数多くの機器に採用されているのが、文字入力システム「Wnn(うんぬ)」です。

この「Wnn」で培った「言語処理技術」に加えOCR開発で培った画像処理技術などを多様な機器に組み込むソリューションとして提供しています。

Wnn製品紹介ページはこちら

幅広い分野で利用されている「Wnn」シリーズ

30年以上に渡り培ってきた文字入力技術「Wnn」は、国内外300機種以上の携帯電話・スマートフォンやタブレット端末に搭載され、たくさんの人々に利用されています。

また、カーナビ、複合機(プリンタ)、ゲーム、AV機器など、用途に合わせて変換機能や辞書のカスタマイズが可能です。日本語以外の38言語に対応しており、国内外のメーカーから高い評価を受けています。

スマートフォン使用イメージ

主な採用実績

  • 国内スマートフォン、タブレット搭載実績No.1の商用版日本語IME(iWnn IME for Android
    国内大手電機メーカ、海外(韓国、中国等)大手電機メーカ
  • 多数の組み込み向け多言語入力エンジン採用
    カーナビ、プリンタ、テレビ、オーディオ、ゲーム機などで採用
  • 様々なプラットフォームでの開発実績
    Android、iOS、Windows、Linux、HTML5、AWS、GAEなど
  • Google Playストア、App Store向けアプリ
    Wnn Keyboard Lab、FunKey、Bizcaroidなど
カーナビゲーション使用イメージ

FUTURE EYES

私たちはこれまで、文字入力・変換(Wnn)や形態素解析(SuperMorpho-J)といった画像処理技術を時代とともに進化させ、数多くのモバイル機器を通して様々なソフトウェアを社会に送り出してきました。

そして今、IoT技術の普及で、あらゆるモノがインターネットにつながり、様々なデータが出力されるようになりましたが、このデータを「より価値のあるデータに整理、変換して活用する」ニーズが生まれています。そこに、私たちが持つ言語処理、画像処理などのコア技術を活用することで新たな価値として提供しようと考えています。

AI技術、IoT技術と、私たちが持つ様々な技術を掛け合わせることで、「人と人」「人と機械」「機械と機械」をつなぐ、新しいコミュニケーション技術を創り出し、世の中のあらゆるシーンで私たちの技術が、これからのスマート社会に役立てるよう取り組んでいきます。